今や子どもにも・・・

私は結婚や子供に関しては無縁な生活をしているわけですが

やはり結婚には憧れがありますし、いつかは自分の子供がほしい

という気持ちは他の人と変わらずにあると思っています。

ただ現実問題として今は彼女もいないし

お見合いしてすぐに結婚しなきゃと

焦っているということはないんですよね。

30代で独身であっても別に遅くないって心のどこかで余裕に

感じてしまっているし、いい人があらわれたら結婚を考えたらいいじゃないか

と思っているんですよね。

周りの友達は子供ができ始めていて、子育ての話を聞くことも増えていますし

久しぶりにあった地元の同窓会にも子供を連れてきている男友達が

意外と多くてびっくり。世にいう育メンというやつですよね。

自分もああいう良いパパになれるのかなぁと考えることもあります。

全然想像つかないんですけどね。

 

今日は子ども関連の話ってことで、最近話題になっている子供の睡眠障害について

ちょっとお話しさせてください。

睡眠障害と聞くと大人がなるものというイメージが強くないですか?

実際私も仕事で行き詰って大きなストレスを抱えていた時、体は疲れているのに

眠くて眠くて仕方がないのに、寝むれない、眠りが浅いといった

睡眠障害っぽい症状が出たことがあります。

この時はストレス発散としてスポーツをしたり、出かけてみたりして

仕事のイヤなことを忘れるようにして、生活リズムを整えたことで眠れるようになったので

病院へ行くほどではなかったのですが…

 

子供の睡眠障害は、実は非常に多くて、睡眠に悩みを抱えて病院に駆け込んでくる子供は

年々増加しているそうなんです。

年間で3700人以上もの子供が睡眠障害で治療を受けていると言われており

実際の患者さんとしてはもっともっと多くの人が悩んでいると言われています。

この睡眠障害を抱えている子供の多くは、不登校を経験しており

朝起きることができないことで学校に行けなくなり、そのまま不登校の状態が

続いてしまうという例がほとんどです。

特に真面目な子が睡眠障害になりやすいといわれており

生活リズムの乱れが現認と言われています。

子供の睡眠障害の治療では、正しい睡眠リズムを取り戻す治療を行っており

光治療や食生活の改善などが主な治療法になるそうです。

ただ一度睡眠障害が治った子供でも再発しやすく、何度も睡眠障害の治療を

受けにくる子もいるそうです。

思春期の不登校はその後の引きこもりにもつながるので、なんとかしっかりと治療し

症状を改善しておきたいものですよね。

コメントを残す

*